住まいを売却するには?

住まいを売却することは、しょっちゅう経験することではありません。
はじめに全体の流れを理解しておけば動きやすくなるでしょう。


売却する理由を確認する
ライフスタイルや家族構成の変化、環境・経済状況の変化など、住まいを売却するのには多種多様な理由があるでしょう。まずは、「子どもの成長に伴い、広い家に住み替えたい」「定年を機にUターンしたい」など、売却する理由を具体的に整理してみましょう。

会社が売り主の場合
売却の流れを知る
売却する理由が整理できたら、次は売却の流れを見ていきましょう。

STEP1相場を知って、売却価格の目安を立てる
売却すると決めたら、いくら程度で売れそうかの目安を立てます。まずは、お住まいの周辺相場を知ることから始めるとよいでしょう。

STEP2不動産会社を探す

住まいを売却するためには、信頼できる不動産会社との出会いが肝心です。まずは、不動産会社の情報を幅広く収集しましょう。

STEP3物件価格の査定を依頼する
物件価格の査定を依頼するところから、不動産会社との付き合いがスタートします。売却する住まいの価格を、不動産会社にプロの目で査定してもらいます。STEP4不動産会社に仲介を依頼する

(媒介契約を結ぶ)
不動産会社へ売買の仲介を正式に依頼する場合は、媒介契約を結びます。メインの媒介契約の形態は3つありますが、自分の希望する売却方法などを踏まえて、どの契約を結ぶか決定しましょう。

STEP5不動産を売り出す

売り出し価格は、その後の売却活動に大きく影響します。自分の希望売却価格ばかりか、不動産会社の査定価格や周辺の売却事例、市場の動向を踏まえて、慎重に決めましょう。

STEP6購入希望者と交渉する

購入希望者が現れたら、売却条件を交渉します。もちろん価格の条件は最も重要ですが、その他の条件についても、譲れる点と譲れない点を明確にして、交渉を進めましょう。

STEP7物件情報を開示する

売買契約を結ぶ前に、物件に関する情報をできるだけ正確に購入希望者へ提供しましょう。

STEP8売買契約を結ぶ

売買条件を合意したら、買い主と売買契約を結びます。このとき、一般的には物件価格の10~20%程度の手付金(契約金)を手にすることになります。
売買契約を結ぶに当たっては、しっかりと契約内容をチェックしましょう。

STEP9不動産を引き渡す

引き渡し手続きでは、売買代金を受領するのと同時に、登記申請(抵当権抹消、所有権の移転等)を実行します。

私が名古屋のデザイナーズマンションを売却した時は、上記の様な流れでした。